live520 (live520 ) wrote,

不振マンU 補強80億円準備か

らそれは言えんな。さて、おしゃべりにも飽きた。そろそろ、殺していいか?」

 ライフレスが再び戦闘態勢に入る。構えるアルフィリースの袖を、再びミランダが握る。

「アルフィ」casio 時計 セイコー ブライツ
「ミランダ、戦いましょう。奴が正しいとしても、わけもわからず殺されるなんてまっぴらよ。それに」
「それに?」
「ミランダをあんな奴に渡しはしないわ」
「言ってくれるね! 力が湧いてくるじゃないか」
「私にも戦わせてください」

 フェンナがいつの間にかアルフィリースの後ろにいた。その目には光が弱々しいながらも戻っている。

「私だって何も知らずに死ぬのはイヤ!」
「ええ、むしろ手伝ってもらわないと困るのよ」
「アルフィ、我は」

 エアリアルも傍に来るが、アルフィリースは首を振った。

「エアリーはニアとカザス、それにリサも守ってあげて。リサはセンサーで結界の穴を探知し続けて。私達がなんとかライフレスにダメージを与えて結界に傷をつけるから、その一点をエアリアルにこじ開けて欲しい。もうそれしか、方法がないのよ」
「わかった」
「皆さん、ご武運を」

 リサが祈るような恰好を一瞬行い、すぐ後ろに下がって行った。その様子を確認したライフレスが一言。

「ふむ、やる気になったか。でないと面白くない。どうせ戦うなら死に物狂いでかかってこい、軟弱な人間達よ」
「言われなくても!」casio 腕時計 カシオ エディフィス
「(あと少し、時間が稼げれば)」

 アルフィリースは戦いながら気づいた事があった。一縷の望みだが、今はそれに賭けたい。そしてアルフィリース達は、ライフレスに斬りかかって行った。

死を呼ぶ名前、その14~敗北、そして~

「ウソでしょ」
「ど、どうなってるんだ」

 後方でニアに回復魔術をかけ続けていたユーティが言葉を漏らし、ニアがそれに反応する。ニアは出血は止まり多少落ち着いたものの、いまだに痛みで唸っており、気絶しかける度に激痛で意識が引き戻されるのを繰り返していた。そんな状態でも戦況を確認しようとするのは彼女の戦士としての本能であり、また足を引っ張りたくないという意地でもあったのか。
 だがそんな彼女をカザスは気遣う。

「ニア、まだ動かない方が」
「心配するな、カザス。いざとなったら走れうぐっ」

 体を起こしかけたニアが痛みでうずくまる。リサも思わず手を差し伸べる。

「ニア、まだ無理をしてはいけません」
「リサアルフィ達は、無事なの、か?」

 ニアが絞り出すように放った言葉に対する、リサの反応は鈍い。

「生きては、います。ですが」

 リサが歯切れが悪いのも無理はない。目の前には、地面に這いつくばるアルフィリース達。いや、ミランダだけは首を絞めるように、ライフレスに締めあげられていた。
 何より全員が驚いたのは、ライフレスが格闘戦でもかなりの腕前を誇ったこと。一方的な展開に、途中からエアリアルの力も借りることになったのだが、エアリアルの戦闘能力を頼みに隙を作ろうとしたアルフィリースの作戦は、ライフレスが接近戦までこなすという完全な計算外により脆くも崩れ去った。魔術師でありながら、格闘戦も一流。それがライフレスである。
 地面に横たわるアルフィリースが悔しそうに呻く。

「まさかエアリーと互角以上に渡り合うなんて」
「魔術師が戦闘の時に最も困るのは、詠唱までの時間だ。だからこそ魔

blackest-watcheditorjp.com
  • Post a new comment

    Error

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your IP address will be recorded 

  • 0 comments